本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、三菱地所株式会社(以下「当社」といいます。)の提供するクラウドファンディングサービス「カンパ!」(以下「本サービス」といいます)のご利用にあたり、利用者の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と利用者の皆様との間の権利義務関係が定められております。本サービスをご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1条 (定義)
本規約において用いる用語の定義は次の通りとします。
(1) 「会員」とは、ユーザーのうち、本規約を承認の上、当社所定の方法により、本サービス利用のために入会を申し込み、当社が承認することにより、会員登録がなされた者をいいます。

(2) 「外部SNSサービス」とは、Facebook、Instagram、Twitter、その他の当社所定のソーシャル・ネットワーキング・サービスで、会員の認証、友人関係の開示、当該外部ソーシャル・ネットワーク内へのコンテンツの公開などの機能を持ち、本サービスの実施に利用されるサービスをいいます。

(3) 「ゲストユーザー」とは、会員登録せずに本サービスの一部を利用するユーザーをいいます。

(4) 「最低実行金額」とは、プロジェクト実行者が、プロジェクトを実行するための条件として支援総額の金額の下限を設定した場合の当該金額をいいます。

(5) 「支援」とは、支援者が、本サービスを利用してプロジェクト実行者に対して一定の金員を支払う行為をいいます。

(6) 「支援契約」とは、プロジェクトが成立した場合に、支援者とプロジェクト実行者との間で成立するプロジェクトを支援することを内容とする契約をいいます。

(7) 「支援者」とは、ユーザーのうち、プロジェクトを支援する者をいいます。

(8) 「プロジェクト」とは、本サービス上で掲載される企画等をいいます。

(9) 「プロジェクト実行者」とは、プロジェクトの企画、管理、運営等の実行者をいいます。

(10)「募集期間」とは、本サービス上でプロジェクト実行者が各プロジェクトについて設定した支援を募集する期間をいいます。

(11)「ユーザー」とは、本サービスのすべての利用者(会員及びゲストユーザーを含みます。)をいいます。

(12)「リターン」とは、支援に対する返礼として、プロジェクト実行者から支援者に対して提供される商品、サービス、権利又は謝意を表す返礼品等をいいます。

第2条 (入会申込)
1. 本サービスの会員登録を希望するユーザーは、本規約及び当社が別途定めるプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)の内容を承認の上、当社の提供する入力フォームにて所定の情報を提供する方法により会員登録を申し込むものとします。この入力に際して、ユーザーは、会員登録を希望するユーザー本人(ユーザーが法人である場合は当該法人の役職員)により真正な情報を提供することを要するものとします。なお、同一のユーザーが複数の会員登録をすることはできません。

2. 前項の申込に対して当社が承認をする場合、当社はその旨を申込者に対して通知するものとします。当該通知がなされた時点をもって会員登録手続は完了し、申込者は、当該時点から会員としての地位を取得するものとします。但し、当社は、次の場合には申込に対する承認を行わないものとします。

(1)申込の際に当社に提供された情報(以下「登録情報」といいます。)の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(2)過去に会員資格を停止された、又は停止事由に該当したことが判明した場合

(3)第18条第1項から第3項に定める表明若しくは確約事項に違反し、又は、違反するおそれが認められる場合

(4)第19条に定める事由が認められる場合

(5)当社が新規の会員登録を制限している場合

(6)その他、当社が会員登録を適当でないと判断した場合

3. 会員登録の申込に対する当社の承認は、当社の合理的な裁量に基づき判断されるものとします。また、当社は、会員登録の申込に対する承認をしない場合、申込者にその理由を開示する義務を負わないものとします。

第3条 (会員ID及びパスワードの管理)
1. 会員は、当社が会員に付与する会員ID及びパスワードの管理及び保管を自らの責任において行うものとします。また、会員は、設定したパスワードを定期的に変更して不正利用の防止に努めるものとし、会員ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤及び他者による使用により生じた会員及び第三者の損害について、当社は責任を負わないものとします。

2. 会員は、会員ID及びパスワードについて、第三者に利用させること、及び譲渡又は担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

3. 会員は、会員ID若しくはパスワードが第三者に漏えいした場合、又は会員ID若しくはパスワードが第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。この場合、当社は、その会員ID又はパスワードを不正アカウントとして停止することができるものとします。

4. 当社は、当社が送信を受けた会員ID及びパスワードが当社に登録されたものと一致することを当社所定の方法により確認し、相違ないと認めて取り扱った場合は、実際の通信当事者が会員本人でなかった場合でも、会員本人による通信とみなし、それによって会員に生じた損害について責任を負わないものとします。

第4条 (届出事項の変更等)
1. 会員は、入会申込の際に当社に提供した登録情報に変更があった場合は、速やかに当社に当該変更事項にかかる情報を提供するものとします。

2. 会員は、当社から本人確認書類その他会員資格に関する情報の開示及び資料の提出を求められた場合は、当社が指定する期間内にこれに対応するものとします。

第5条 (退会)
1. 会員は、当社所定の手続により本サービスの会員登録を抹消し、退会することができるものとします。本項に従って会員が退会した場合、それ以降、当該会員は、会員ID及びパスワードを利用できないものとします。

2. 会員が死亡した場合その他会員資格の利用が不可能となる事由があったときは、当社は、当該会員がその時点で退会したものとみなし、会員登録を抹消し、会員ID及びパスワードの利用を停止することができるものとします。

第6条 (会員資格の停止、抹消)
1. 当社は、以下の事由がある場合、会員に何ら事前の通知又は催告をすることなく、会員資格を一時停止し、又は会員登録を抹消することができるものとします。

(1)会員ID又はパスワード及び本サービスを不正に使用し又は使用させた場合

(2)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3)当社、他のユーザー、外部SNS事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用し、又は利用しようとした場合

(4)手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(5)支払債務(支援金を含みます。)を期限までに履行しなかった場合

(6)会員に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、会社更生、特別清算の申立てがなされた場合、又は、会員が自ら破産、民事再生、会社更生、特別清算の申立てをした場合

(7)禁固以上の法定刑が定められた罪を犯した疑いがある場合

(8)当社の定める回数以上のパスワードの入力ミスがある場合

(9)当社の定める期間内に本サービスの利用がなかった場合

(10)登録したメールアドレス又はや電話番号が不通となり、当社からの連絡が不可能となった場合

(11)会員が本規約の条項に違反した場合

(12)ユーザーが登録した金融機関の口座に関し違法、不適切その他の問題があることが当該金融機関による指摘等により判明した場合

(13)第18条第1項から第3項に定める表明若しくは確約事項に違反し、又は、違反するおそれが認められる場合

(14)第19条に定める事由が認められる場合

(15)その他、会員として不適格と当社が判断した場合

2. プロジェクトが成立した後、当社からプロジェクト実行者に対する支援金の送金完了前に、会員が前項各号に該当することが判明した場合、当社は、当該会員による支援を無効とすることができるものとします。本項に従って支援が無効とされた場合、既に払い込まれた支援金は当社の定める手続により返金されるものとします。

3. 当社は、会員が第1項各号に該当する合理的な疑いが生じた場合において、事実確認が完了するまで当該会員のサービスの利用を一時的に停止することができるものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負わないとものとします。

第7条 (会員登録をしないサービス利用について)
1. ユーザーは、当社が認める場合に限り、当社所定の手続によりゲストユーザーとして会員登録をせずに本サービスの一部を利用することができるものとします。ゲストユーザーは、本規約及び本プライバシーポリシーの内容を承認した場合に限り、当社が認める範囲で本サービスを利用することができるものとします。

2. ゲストユーザーについて第2条第2項各号又は第6条第1項各号に定める事由が認められる場合、当社は、当該ゲストユーザーによる本サービスの利用を承認しないこと、又は第6条第2項及び第3項に準じた取扱いを行うことができるものとします。その場合、第2条第3項及び第6条第4項に従うものとします。

3. ゲストユーザーが登録したメールアドレスは、第3条におけるID及びパスワードに準じて取り扱われるものとします。

第8条 (本サービスの内容)
本サービスは、掲載されたプロジェクトに対し、不特定多数のユーザーが支援者となり、そのプロジェクト及びこれを実施するプロジェクト実行者へ金銭的な支援をするためのプラットフォームです。プロジェクトごとにプロジェクト実行者はリターンを定めることができますが、プロジェクトの性質上、支援者への直接のリターンが存在しないものもあります。

第9条 (利用資格について)
1. ユーザーは、支援者としてプロジェクトを支援するには、日本国内に住所を有している(住民票又は登記があることを意味します。)ことを要するものとします。

2. 支援者となるユーザーは、当社が必要と判断する場合、住民票若しくは登記事項証明書の写し又は当社が必要と認める書類を提供しなければならないものとします。

第10条 (プロジェクト実行者)
1. プロジェクト実行者は当社が選定するものとします。

2. プロジェクト実行者が本サービスにおいてプロジェクトを掲載するためには、当社所定の審査を受け、プロジェクト掲載の承認を得るものとします。

第11条 (プロジェクトの掲載)
1. プロジェクト実行者は、前条第2項に基づく当社の承認を得た場合、当社所定のフォームにより、当社ウェブサイトにおけるプロジェクトページに掲載することによって、プロジェクトを公表するものとします。

2. プロジェクトが掲載された後において、当該プロジェクトが違法であることが発覚した場合その他当社がプロジェクト又はその掲載が不適当であると判断した場合、当社は、事実関係の確認に必要な間、当該プロジェクトの掲載を中止することができるものとします。当社は、かかる掲載の一時中止について理由を開示する義務を負わず、また、これによりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

3. プロジェクト実行者は、プロジェクトの掲載後において、掲載を取り下げ、又は、募集条件(募集期間、最低実行金額、リターンの内容等)を変更する必要が生じた場合、その旨を速やかに当社に通知し、当社が承諾した場合に限り、プロジェクトの掲載の取下げ又は条件の変更を行うことができるものとします。当社は、かかる掲載の取下げ又は条件の変更について理由を開示する義務を負わず、また、これによりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第12条 (プロジェクトへの支援)
1. ユーザーは、当社所定の方法によりプロジェクトの支援を申し込むことができるものとします。ユーザーによる支援の申込が完了した時点で、プロジェクト実行者と当該ユーザーとの間において、プロジェクトが成立することを条件とする支援契約が成立するものとします。

2. 当社は、ユーザーについて第6条第1項各号に定める事由が認められる場合、前項の支援の申込みを拒絶することができるものとします。

3. 当社は、プロジェクトについて支援契約が成立した時点で、当該プロジェクトに係るプロジェクトページ内に表示される支援状況に当該支援者による支援を反映することができるものとします。但し、当社は、かかる反映を行う義務を負うものではありません。

第13条 (支援のキャンセル)
1. 支援者は、支援を申し込んだプロジェクトについて、その支援をキャンセルすることができないものとします。

2. 次の各号のいずれかの場合には、当社は、関係する支援をキャンセルすることができるものとします。

(1)プロジェクトの募集期間の終了から[30]日を越えても支援者による当社所定の方法による支援金の支払が完了しない場合

(2)プロジェクトの実行又は支援者に対するリターンの履行が不可能又は著しく困難であることが発覚した場合

(3)支援者の支援に法令又は本規約違反の事実が合理的に認められる場合

3. プロジェクト進行不可能となった場合、リターンの履行遅延・履行不可能となった場合その他いかなる場合であっても、当社は、支援者より支払われた支援金について、返金をする義務を負わないものとします。

第14条 (プロジェクトの成立)
1. プロジェクト実行者が、プロジェクト実行に係る最低実行金額を定めなかったときは、募集期間内に当該プロジェクトに対して一人以上のユーザーにより1円以上の支援が申し込まれた時点で当該プロジェクトは成立するものとします。

2. プロジェクト実行者が、プロジェクト実行に係る最低実行金額を定めたときは、募集期間内に当該プロジェクトに対して当該最低実行金額以上の支援が申し込まれた時点で当該プロジェクトは成立するものとします。

3. 前二項の条件を充足しないまま、募集期間が経過した場合は、当該プロジェクトは不成立となるものとします。但し、前項に基づくプロジェクト成立後に前条第2項第(1)号又は第(3)号に基づき全部又は一部の支援がキャンセルされたことによって、前項の条件を充足しなくなった場合には、プロジェクト実行者が当該プロジェクトの成立の可否を選択できるものし、プロジェクト実行者がプロジェクトの不成立を選択した場合には、プロジェクト実行者は速やかにその旨を公表するとともに、支援の申込みを行った支援者に対して通知するものとします。当社は、かかるプロジェクトの不成立によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第15条 (プロジェクトが不成立、キャンセルの場合等)
1. プロジェクトが不成立となった場合、当社は、当社所定の方法による支援金の支払が完了している支援者に対して、プロジェクト実行者への送金前である支援金を返金するものとします。この場合、支援者は当社の返金手続に協力するものとします。

2. 前項の場合の送金手数料は、当社が負担するものとします。

第16条 (支援の方法、手数料)
1. 支援者は、第12条第1項に基づく支援の申込が完了した後、当社所定の方法により支援金を支払うものとします。

2. 支援金は、プロジェクト実行者に代わり、プロジェクト実行者から付与を受けた代理受領権に基づき、当社が受領するものとします。支援者が、当社に対して支援金を支払った時点で支援者の支援金の支払義務の履行は完了するものとします。プロジェクト実行者は、かかる代理受領権を当社に付与するものとします。

3. プロジェクトが成立した場合、当社は、プロジェクト実行者に対し、当社所定の方法にて、支援者から支払を受けた支援金(但し、プロジェクト実行者が当社に対して支払義務を負う手数料その他の一切の債務を控除した後の金額とします。)を支払うものとします。この場合の振込手数料は当社が負担するものとします。

第17条 (リターンの取得)
1. プロジェクト実行者は、プロジェクトの掲載時において、プロジェクトごとに、リターンの有無、内容及びを設定することができるものとします。

2. リターンの設定がなされたプロジェクトを支援した支援者は、当該プロジェクトが成立し、当社所定の方法による支援金の支払が完了するとともに、リターンの提供条件が充足されることを条件として、当該プロジェクトに係るプロジェクト実行者に対し、当該プロジェクトにおいて定められたリターンを得る権利を取得するものとします。

3. 支援者は、選択したリターンを変更することはできないものとします。但し、プロジェクト実行者及び支援者の間で個別の合意がある場合にはこの限りでありません。

4. プロジェクト実行者は、支援契約に基づいてリターンの履行の責任を負うものとし、当社は、リターンの履行遅滞、不履行又は履行不能によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第18条 (反社会的勢力等の排除)
1. ユーザーは、当社に対して、自らが次の各号に掲げる者(以下、総称して「暴力団員等」といいます。)のいずれにも該当しないことを表明するとともに、将来もこれに該当しないことを確約するものとします。

(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業に属する者、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等

(2)国連安全保障理事会、欧州連合、日本国、米国若しくは英国等の国の規制(Her Majesty’s Treasury in the United Kingdom等)により取引が制限される者又はその構成員

(3)米国財務省外国資産管理局(OFAC)の定める規制、その他一切の法令等の規制により米国の国民又は法人が取引を禁じられている者

(4)前各号に準ずる者

2. ユーザーは、当社に対して、自らが暴力団員等と次の各号に該当する関係を有しないことを表明するとともに、将来もこれらの関係を有しないことを確約するものとします。

(1)暴力団員等との一切の取引関係

(2)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係

(3)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係

(4)自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係

(5)暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係

(6)社会的に非難されるべき暴力団員等との関係

(7)その他暴力団員等の資金獲得活動に乗じ、又は暴力団員等の威力、情報力、資金力等を利用することによって自ら利益拡大を図る者

3. ユーザーは、当社に対して、次の各号のいずれの行為も、自ら又は第三者を利用して行わないことを確約するものとします。

(1)暴力的な要求行為

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為

(3)本サービスに関して、脅迫的な言動を行い又は暴力を用いる行為

(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し又は当社の業務を妨害する行為

(5)前各号に準ずる行為

4. ユーザーが前三項の表明又は確約事項に違反する場合、当社は、当該ユーザーに対して、直ちに本サービスの提供を停止するものとします。この場合、ユーザーに損害等が生じた場合でも、ユーザーは、当該損害等について、当社及び決済代行事業者、提携カード会社その他の第三者に一切の賠償請求をすることはできないものとします。

第19条 (禁止行為)
1. ユーザーは、本サービスの利用にあたって、次の各号のいずれかに該当する行為、又はそのおそれがある行為をしないものとします。

(1)本サービスを不正の目的をもって利用する行為

(2)当社、他のユーザー、その他の第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為

(3)当社、他のユーザー、その他の第三者の名誉若しくは信用を毀損し、又はプライバシーを侵害する行為

(4)当社又は第三者を差別又は誹謗中傷する行為

(5)詐欺、脅迫その他の犯罪行為又はこれらに結びつく行為

(6)コンピュータウイルスなど有害なプログラム等を送信若しくは提供する行為、又は推奨する行為

(7)当社、他のユーザー、その他の第三者の情報を改ざん、消去する行為

(8)当社、他のユーザー、その他の第三者の設備を不正に利用し、又はその運営に支障を与える行為

(9)法令、本規約又は公序良俗に違反する行為

(10)本サービスとは関係のない広告、宣伝、勧誘及び営業行為

(11)本サービスの運営を妨害する行為

(12)本サービスにおけるメッセージ、コメント機能を、本サービス以外の目的に使用する行為

(13)その他当社が不適切と判断する行為

2. ユーザーが前項各号のいずれかに該当する行為をしたことにより、当社が何らかの損害を被った場合、当社は当該ユーザーに対して損害賠償の請求ができるものとします。

第20条 (個人情報の取扱い)
1. 当社は、本プライバシーポリシーを遵守し、ユーザーの個人情報を取得するものとします。また、当社は、ユーザーから提供された個人情報を本サービスの提供に必要な範囲及び本プライバシーポリシーで定められた目的の範囲で使用することができるものとし、ユーザーは、本プライバシーポリシーに従って当社がユーザーから提供された個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。

2. 支援者は、本サービス上で支援契約が成立した場合、プロジェクト実行者に対して、リターンの提供及びプロジェクトに関連する活動を利用目的として、支援者の氏名、住所、支援額、選択したリターンの内容、プロジェクト実行者宛のメッセージ、その他リターンの履行に必要な情報を提供することに同意するものとします。

3. 当社は、本プライバシーポリシーで定める場合又は個別にユーザーから同意を得る場合において、ユーザーの個人情報を第三者と共同利用することができるものとします。

第21条 (機密保持)
1. 本規約において「秘密情報」とは、本サービスに関連して、ユーザーが、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等を通じて開示を受け又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、(1)当社から開示を受けたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又はユーザーが既に知っていたもの、(2)当社から開示を受けた後、ユーザーの責めに帰すことができない事由により公知となったもの、(3)当該秘密情報について開示する権限を有する正当な第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報に関係なく当該ユーザーが単独で開発したもの、及び(5)当社から秘密情報に当たらない旨が書面にて明示されたものについては、秘密情報から除外するものとします。

2. ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに事前の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。

3. 前項の定めにかかわらず、ユーザーは、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、法的根拠のある範囲内にて秘密情報を開示することができるものとします。但し、ユーザーは、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知するものとします。

4. ユーザーは、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物について第2項と同等の管理を行うものとします。

5. ユーザーは、当社から求められた場合には、速やかに、当社の指示に従い、秘密情報及び秘密情報が記載又は記録された書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物を返却又は廃棄するものとします。

第22条 (連絡/通知)
ユーザーは、本サービスに関する案内、システムメンテナンスに関する告知、その他当社からユーザーに対する連絡又は通知は、Eメール等当社の定める方法で配信することを了承するものとします。当社からユーザーに対する連絡又は通知は、ユーザーが当社に申請した連絡先に発信することにより、ユーザーに通常到達すべきときに到達したとみなされるものとします。

第23条 (本サービスの停止)
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を停止又は中断することができるものとし、当該停止又は中断によりユーザーに生じた損害には一切の責任を負わないものとします。

(1)本サービスの提供のための装置、システムの保守又は点検を行う場合

(2)火災、地震その他の天災、停電又はシステム障害等により、本サービスの運営が困難な場合

(3)外部SNSサービスに、トラブル、サービス提供の中断又は停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等が生じた場合

(4)その他、当社が停止又は中断をやむをえないと判断した場合

第24条 (免責)
1. 本サービスは、ユーザーが、プロジェクト実行者又は支援者として取引を行う場を提供するものであり、当社は、ユーザーに対して、プロジェクトが予定通り実行されること及びリターンが提供されることを保証するものではありません。

2. 本サービスに関連して、プロジェクト実行者及び支援者の間を含む、ユーザー同士の間で生じたトラブルに関しては、ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当社は、かかる事項について一切責任を負わないものとします。

3. 当社は、本サービスについて、外部SNSサービスと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、本サービスにおいて外部SNSサービスと連携できなかった場合でも、一切の責任を負わないものとします。本サービスが外部SNSサービスと連携している場合において、ユーザーは外部SNSサービスの利用規約を自己の費用と責任で遵守するものとし、ユーザーと当該外部SNSサービスを運営する外部SNS事業者との間で紛争等が生じた場合でも、当社は、当該紛争等について一切の責任を負わないものとします。

4. 当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等による損害を受けないことを保証するものではありません。

5. 当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証をするものではありません。

6. 当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に発生する通信費用について、一切負担しないものとします。

7. 当社は、当社の故意又は重過失がある場合を除き、本サービスの利用により生じたユーザーの一切の損害について責任を負わないものとします。

8. 本サービスの基準時間は、当社のサーバー、システムで管理する時間とし、実際の時間又は本サービスで表示する時間とは一致しない場合があります。ユーザーはあらかじめこれを了解の上で本サービスを利用するものとします。

9. 本サービスの利用に関連してユーザーに対して課税されることがありますが、当社は、当該課税に関し一切関与しないものとし、課税の有無や課税額等については、ユーザー自らが、自らの責任で確認及び対応するものとします。

第25条 (権利帰属)
1. 当社ウェブサイト及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める会員登録に基づく本サービスの利用許諾又はゲストユーザーとしての利用許諾は、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。ユーザーは、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これらに限定されません。)をしないものとします。但し、プロジェクトについてプロジェクト実行者が提供した写真等の素材やプロジェクトの対象となる商品又はサービスについての権利は、プロジェクト実行者又はプロジェクト実行者にライセンスを許諾している者に留保されるものとします。

2. 当社ウェブサイト又は本サービスにおいて、ユーザーが投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータ(前項但書に定めるものも含みます。)については、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。

3. ユーザーは、プロジェクト内容について、当社、プロジェクト実行者その他の第三者の名誉その他の権利ないし利益を侵害するものでない限り、当社の定めるプロジェクトのURL及び埋め込みコード、プロジェクトタイトル、プロジェクト概要のテキスト及び画像、プロジェクト実行者のプロフィールをインターネット及び外部SNSサービス上で転載することができるものとします。また、これら以外の紙面媒体等への転載については、ユーザーは、当社の承諾を得るものとします。

第26条 (本規約・本サービスの変更等)
1. 当社は、当社の裁量により本規約を変更することができるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、当社所定の方法によりユーザーに当該変更内容を通知し、又は当社ウェブサイトにて公表するものとします。但し、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更の場合は、当社は、当社所定の方法によりユーザーの同意を得るものとします。

2. 当社は、本規約の変更を伴わない範囲において、いつでも本サービスの内容を変更、追加(以下「変更等」といいます。)又は廃止することができるものとします。但し、当該本サービスの変更等がユーザーに重大な影響を及ぼす場合は、当社所定の方法によりユーザーに当該変更内容を通知し、又は当社ウェブサイトにて公表するものとします。

3. 当社は、当社所定の方法により事前にユーザーに通知することにより、本サービスを廃止することができるものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害には一切の責任を負わないものとします。

第27条 (地位の譲渡等)
1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることができないものとします。

2. 当社は本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意するものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第28条 (一部無効等)
1. 本規約の規定の全部又は一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定は元の意思にできる限り沿うように解釈されるものとし、当該規定の無効部分以外の部分及び本規約のその他の規定は有効とします。

2. 本規約の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約はその他のユーザーとの関係では有効とします。

第29条 (準拠法及び合意管轄)
1. 本規約の準拠法は日本法とします。

2. 本規約に関して当社及びユーザーの間又はユーザー同士の間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

以上